スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の漫画と今の漫画

 どうも、こんばんは。滝川です。

 間を置いた更新ばかりで申し訳ありません。
 当分、こんな調子です。ごめんなさい……。

 気を取り直して、たまには漫画の話を。
 浦沢直樹先生の「プルートゥ」の最終巻を読みました。

 手塚治虫先生の「アトム・地上最大のロボット」のリメイクでありながら
 よりリアルな未来描写と、奥深い心理描写が加えられたこの作品。

 作品の内容について解説するのはあまりにも恐れ多いので、
 それとは別に、私なりに思った事を少々述べさせていただきます。

 昨今の漫画業界について、よく耳にする感想の一つに、
「昔の漫画の方が面白かった。今の漫画はいまいち」
 というものがあります。
 よくある懐古趣味、と言ってしまえばそれまでですが、
 私には、現代の読者と昔の読者の間には、
 とても大きな隔たり、変化があるように思えるのです。

 早い話、昔の読者より現代の読者の方が、
 ずっと厳しくてレベルが高いのです。

 現代の読者と昔の読者の違いとして、顕著な例は、
 登場人物の「服装」に関する指摘です。
「あの作者はセンスが悪い」
「ファッション雑誌から丸写しみたいな服を着せている」
 こんなハイレベルな指摘をする読者は、昔はいませんでした。

 周知の通り、手塚先生の「アトム」の外見的特徴といえば、
 あのどこから見ても二本角の髪型と、黒いパンツだけの半裸姿です。
 昔はこれでよかったのです。いかにも漫画らしい姿で。
 そして現代、浦沢先生がリメイクした「プルートゥのアトム」は、
 二本角も黒いパンツもやめて、普通の服を着た可愛い少年になりました。

 昔の読者は、黒いパンツ一丁で空を飛びまわる半裸の少年に対しても、
 さほど大きな違和感を持たなかったのです。
 しかし現代の読者は、「ヒロインの服装がキモオタの妄想みたい」などと
 作者の心をえぐるような、過酷なツッコミを平気でしてくるのです……。


 昔の読者と現代の読者、どちらが偉いというような話でありません。
 ただ、時代が変わり、読者の目も変化して鋭くなった、それだけの事です。
 戦国時代、鉄砲の出現で武将達が戦術の変化を強いられたように
 今の時代の作家達も、厳しくなった読者の視線に耐えられるよう
 作品の細かな点にも気を配っていく必要があるのです。


 ……と、偉そうな理屈を並べたところで。
 それじゃそのご立派な理屈を元に面白い原稿を書きなさいよ、と
 自分自身を叱咤して今回の更新を終えます。

 それでは、失礼します。
 今後ともよろしくお願いします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。