スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークナイトのはなし・王国の価値

 どうもみなさま、こんばんは。
 編集さまからの連絡を
 一日千秋の思いで待ち焦がれている滝川です。

 今日は、昨年公開されたアメコミ史上最高の映画
「ダークナイト」に登場するスーパーヴィラン「ジョーカー」と、
 シェークスピアの「リチャード三世」の、
 奇妙な類似点の話をしようと思います。

 もう完全に時期外れの話題ではありますが
 DVDやブルーレイを購入している方々に
「へえ、そういう見方もあるのか」
 と喜んでもらえれば、幸いです。

 ネタバレなどの配慮はせず、やりたいようにやらせてもらいます。
「時期は外したけど、まだ観る気はあるんだよ」という方は、
 どうかお気をつけください。

 ダークナイトで圧倒的な存在感と魅力を放つジョーカー。
 彼が映画の中盤で、検事ハーベイ・デントを悪の世界に誘惑し、
「トゥーフェイス」に変貌させるあのシーンが、
 実はシェークスピアの「リチャード三世」の影響を受けているように
 私には思えるのです。
(パクリとかではなく、手法として)

 あのシーンでジョーカーは
「あの女を死なせたのは俺の本意じゃなかった」
「陰謀を企んで人を嵌めるのは俺の流儀じゃない」
 といった甘言を弄してデントを騙そうとするのですが、
 最終的にデントの心を動かしたのは、
 リボルバー拳銃をデントの手に握らせて
「どうしても俺を許せないなら撃て」と唆す事でした。

 一方、リチャード三世は
 自分が殺した男の妻と結婚するために、
 相手に剣を握らせて、刺すなら刺せと勧めます。
 そうして自分の捨て身の決意を相手に伝えたうえで、
 愛の告白をするのです。
「確かにヘンリー王は私が殺した。
 だが、私にそうさせたのは貴方の美しさだ。
 私がエドワード王子を刺したのも、
 天使のような貴方のせいなのだ」

 リチャード三世はシェークスピアお得意の独白の名人で、
 いくつもの名言を吐きながら悪事を進めます。
 やがて王となり、「リチャード三世」として即位するのですが
 しかし、そこからは急に魅力を失い、
 ただのつまらない悪党に成り下がります。
 そして最終的には、相次ぐ反乱によって滅ぼされるのです。

 無残に敗走するリチャードの、最期の台詞はこうです。

「馬を、馬をくれ! 代わりに我が王国をやるから!」

 
 ……リチャードが権謀術数の挙句に手に入れた王国とは、
 実際には馬一頭分の価値もないものだったのです。


 ダークナイトに登場するジョーカーは、
 デントを口説くシーンから察するに
 おそらくリチャード三世を意識しているように、私には思えます。
 そして、そんな二人の最大の違いは、
「王国なんてものには馬一頭分の価値もない」という事実を
 ジョーカーは最初から知っていて、
 リチャードは最期にようやく気づくという点です。


TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。