スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作者より頭のいいキャラクターの書き方

 前回に続いて言い訳っぽい話。
 ただ今回は人によっては役に立つかも。

(前回のあらすじ)
 主人公の設定が出来上がり、当初の予定だったコメディを振り捨て、
 なんやかんやあってプロットを練り上げる。
 しかし、ここで大きな問題が湧き上がってきた。
 設定上、この主人公は作者の滝川より遥かに頭がいいのである。

 どうすれば自分より頭のいい人間を描く事ができるのか。
 私が知っているのは以下の三つの方法であります。

1・自分より頭のいい人をモデルにする
 この手法で有名なのは『シャーロック・ホームズ』です。
 コナン・ドイルはホームズを作る時、
 恩師の外科医ジョセフ・ベルを参考にしたといわれています。
 謙虚な心で柔軟に他人の思想や主義を受け入れられれば、
 身近な人だけではなく、歴史上の人物や、
 それこそホームズのような架空人物も含めて大勢の人をモデルに出来ます。

2・未来の自分に期待する
 この手法は『キン肉マン』でゆでたまご先生が使われました。
 七人の悪魔超人編で、バッファローマンはキン肉バスター破りを宣言します。
 しかしゆでたまご先生は、具体的にどうやってキン肉バスターを破るのか
 連載当時は思いついていなかったとインタビューで正直に打ち明けています。
 色々と二人で悩んでいるうちに、絵をひっくり返して眺めていたら
「これひっくり返せば受け手と掛け手が逆になるな」
 と気づいた事から、バスター破りの豪快な展開が生まれたそうです。
 ただこの手法は未来の自分が思いつかない場合に、
 シャレにならない事になりそうなので私は怖くて使えません。

3・弁証法的手法。要するに考え抜く
 ソクラテスメソッドとか弁証法的論理学とか呼ばれる考え方の応用です。
 まず素の自分の頭で考え、一つの結論を出します。
 その結論に満足せず、あえて反対の考えや、別の結論も出してみます。
 そうして生まれたテーゼとアンチテーゼを対立させ、
 総合的な結論、ジンテーゼを導き出すのです。
例「暴力はよくないよ!」→「でも犯罪者を見過ごしたら悪の勝利だ」
「名誉や公益を伴う暴力は存在する。
 しかし暴力では犯罪が発生する根本的な原因までは解決できない。
 暴力による問題解決はあくまで一時的な対処に過ぎない事を忘れてはならない」
 普通は物語のテーマ性に用いるこの手法を、
 一つ一つのセリフ作りにも用いる事で、キレのある会話を作り出せるはずです。
 ただし、とんでもなく時間は掛かってしまいますが。

 こうして私は一つずつ、
 頭の中では常に三人くらいに分裂した自我達に討論させながら
 手間暇をかけて主人公のセリフを書いていきました。
 正直、やりすぎました。


 相変わらずいまいち要領を得ない話を書いている気がします。
 すみません。拍手コメントに返信します。

・江藤晩翠さん
新作、待ちに待っていました!!
スーパーダッシュのホームページ見た時はびっくりしました。
企画の1つに挙がっているということは待ってた人も多いんじゃないでしょうか。
11月を楽しみにしています。


 コメントありがとうございます。
 私がぼやぼやしている間に、
 スーパーダッシュはダッシュエックスになりました。なんだか、ごめんなさい。
 さておき、ティザーサイトの存在は実はここのコメントで知りました。
 なので私もびっくりしましたよ。
 ただ「MONUMENT」は、みなさまの期待に応えられる出来の本です。
 それだけは確固たる自信を持って言えます。

 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。