スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来は過去よりも良いものになる

THE FUTURE IS BETTER THAN THE PAST.
(ハインライン、夏への扉)

 主人公のダンは愛猫のピートと一緒に
 十一(猫用も入れると十二)も外へのドアがある家に住んでいた。
 冬が来て雪が降ると、寒いのが嫌いな猫のピートは腹を立て、
 飼い主のダンに家中のドアを一つ一つ開けて確認させる。
 ピートは、十一もあるドアのどれか一つくらいは、
 暖かい夏へと通じているのではないかと期待しているのだ。

 ハインラインの『夏への扉』は
 なにぶん古い(1956年)SF小説なので粗も多いのですが、
 テーマの美しさに関しては、決して古びない作品だと思います。

 未来は過去よりも良くなる。
 夏への扉はきっとある。
 そして猫はかわいい。



 以上。ひとりごとは終了。
 ここからは普段通りのテンションであります。

 本日、SD文庫から新しく雑誌が創刊されました。


スーパーダッシュ&ゴー!スーパーダッシュ&ゴー!
(2011/10/25)
不明

商品詳細を見る


 残念ながらこの号には私に関する話は載っていませんが
(恨み言ではなくて、無意味に期待を煽らないためのものです)
 そのうち取り上げていただけるよう、頑張ります。
 なにとぞ、今後ともSD文庫をよろしくお願いします。


 それから、もうひとつ。
 なんと出版から一年三ヶ月以上も過ぎた
 テルミー1巻の重版が内定しました。
 近いうちに、第二版が出回るはずです。

 アニメ化もコミック化も何もないのに
 こうも息が長く続くというのは滅多にない事です。
 読者の皆様には、本当に感謝の言葉もありません。
 心から、ありがとうございます。

 3巻に関しては……残念ながら色々と事情があるのですが
 きっとなんとかなるでしょう。扉がどこかにあるはずです。
 本当にありがとうございました。これを励みに頑張ります。


 それでは、いつも感謝しております、
 拍手コメントへの返信です。

・夜詩雪先生
(なりきりなどを予防するために内容は伏せておきます)

 どうも、何度も声を掛けていただきありがとうございます。
 メールの方で返信しておきましたが
 もしマシントラブルが続いていてメールが読めない場合は
 手間をかけて恐縮ですがまたこちらへ連絡をください。
 まあ最悪でも、謝恩会で顔を合わせましょう。
 今後ともよろしくお願いします。


・atlasさん
長らく更新がなくて心配しましたよ。
でも、元気でやってそうで何よりです^^
「とにかく『頑張る』」のは大変以外のなにものでもありませんが……頑張ってください。
陰ながら応援しています。


 いつも応援ありがとうございます。
 考えすぎて手が遅くなるのが私の悪癖でして
 そこさえどうにかできればもっと多作になれると思っています。
 とにかく期待を裏切らぬように頑張りますので、
 これからもよろしくお願いします!


・江藤晩翠さん
この間は質問への返答ありがとうございました。
先生御本人に回答をいただけてうれしいです。
質問歓迎と言っていただいたので、もう一つ質問があります。
テルミーとこのブログを読んでいて思ったのですが、
先生は神話関係が好きなのでしょうか?
岩村に関しても、どことなくそんな雰囲気を感じました。
自分は神話に関してふれる機会が今まで全くなかったので、
読むようになったきっかけ、または好きになった理由がありましたら教えてください。
連続での質問で申し訳ありません。


 当方、未だ修行中の身ゆえ、
 先生と呼ばれると、どうにもこう、もにょるのですが、
 そんなのはどうでもよい事ですね。すみません。

 それで、ご質問の件ですが
 前回の聖書からの引用は
 そもそも『FALLOUT3』というゲームからのネタです。
(その前の放物線不安定がどうたら~というところからそうです)
 まったくもって解り難いネタで、申し訳ありません。
 非常に面白いけれども、フリーズしまくりバグだらけの洋ゲーなので……
 プレイするのに覚悟が必要なゲームです。

 私には、特定の宗教への信仰や傾倒はありませんが 
 神話や聖書はネタの宝庫なので大好きです。

 聖書に関しては、単純に知識として興味を持ちました。
 世界で一番影響力のある宗教の教典なので
 読んでおいて損はないだろう、と。
 とりあえず新約聖書の福音書(キリスト超人伝説)だけでも読んでおくと
 キリスト教に対する理解が捗ると思います。
 例えば「善きサマリア人」などの説教は、
 現在の法律にも名前が引用されているほどですし。

 神話に関するきっかけとしては……色々と思いつきますが
 やはりアトラスさんの『女神転生』シリーズを始めとする
 RPG系のゲームの影響が大きいのではないかと自分では思います。
 そういうゲームでちょっとだけ知って、
 自分でも調べてみて、という感じです。
 多分、同類は日本中にいると思います。

 なんであれ、物書きにとって知識が邪魔になる事はないと思っています。
 もちろん、ある事柄に関する自分の知っている情報を全て書こうとすれば、
 それは読者を退屈させるだけになりますが。
 要は、読者に「へーそうなんだー」と感心させる引き出しを増やす事でして
 聖書や神話にそこまでの思い入れやこだわりがあるわけではありません。

 ……これで答えになっているかどうか不安ですが
「自分はこう思っている」というところを正直に書いておきました。
 何かの参考になれば幸いです。


 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。


TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。