スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝川は黒田bb先生のAチャンネルを応援しています

( ´_ゝ`)「ガン=カタを習得すれば、
      攻撃能力は少なくとも120%、防御面では63%向上する」


 どうもみなさま。おはようございます。
 整体やマッサージに行くと必ず
「首がヤバイ」「首に爆弾がある」と警告される滝川です。

 つい先日、
『カノジョとオーダーと優しい嘘』の筆者
 夜詩雪先生に誘われて
 リフレクソロジーのお店へ行ってきました。


カノジョとオーダーとやさしい嘘 (集英社スーパーダッシュ文庫)カノジョとオーダーとやさしい嘘 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2010/12/25)
夜詩 雪

商品詳細を見る



 夜詩雪先生が上記の本の参考にしたという
 メイドさんによるマッサージ店です。

滝川「(´・ω・`)……それって風俗店では?」
夜詩雪先生「(´ー`)違うよ。ぜんぜん違うよ」

 他人様に足を揉ませるなど滅相もない、
 まして若い娘さんにそんな事をやらせるなど……
 と、かなり逡巡し、何度か断っていたのですが。

 実は「アキバズトリップ」に少しは関わった人間として恥ずかしい事に
 滝川は職業メイドさんと接した事が一度もありませんでした。
 現実の秋葉原のメイドさんを知る良い機会だし、
 折角のご好意を拒否し続けるのも心苦しいし、
「男は度胸、なんでもやってみるものさ」の精神を思い出して
 秋葉原の「Cutie Relax」へ連れていっていただきました。

 結論からいうと、明るくて健全な良いお店でした。
 どの娘さんも明るくて優しくて、
 笑顔でハキハキと応対してくれて……
「ああ、メイドのお店とはこういうものなのか」と勉強にもなりました。
 ありがとうございました。今後の何かの参考にします。

 しかし……
 やはり私のような「絶望先生」的気質の持ち主としては……
 親切にされればされるほど、
 なんだか申し訳ない気持ちになってしまう……

(´・ω・`)「すみません。私のようなものが、ごめんなさい」

 ちなみにメイドさんからもやっぱり
「この首はおかしい。すごく硬い」と注意されました。


 その後、夜詩雪先生と居酒屋でトーク。
 夜詩雪先生の新作の構想を伺ったり、業界話をしたり
 四方山話に花を咲かせました。
 これまた勉強になりましたです。ですが……

 途中で話が、去年の謝恩会になりまして。
(夜詩雪先生とはそこで初対面だったのです)
 二次会で滝川は、番棚葵先生とハイテンション漫談を繰り広げ、
 同席していた清水文化先生を終始苦笑いさせていました。
 その思い出話をすると、夜詩雪先生も当時を思い出してぽつり。

(´ー`)「こっちの席には黒田bb先生がいたよ。物静かで上品な人だった」

('Д`)「なん……だと……」

 手の届くところに『Aチャンネル』の黒田bb先生がいながら……
 私はそれに気づきもせず、番棚先生と一緒に清水先生の前で

(´3`)「しょうゆ! 次はしょうゆのビン使った一発ギャグやれよ!」

 などという馬鹿な事に夢中になっていたのか……
 手を伸ばせば届くところに、トオルンの、
 あのトオルンの産みの親がすぐそこにいたというのに……

( ∩д∩)「……っ……」


 まあ、そんなわけで。
 夜詩雪先生のお伴をして、楽しい一日を過ごしてきました。
 やはりSD文庫の作家さんには、悪い人はいません。
 少なくとも私はまだ一度も、そういう人と遭遇していないのです。

(・ω<)「だから、買おう! SD文庫!」


 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。


TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。