スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブプリとダブドラと二重風記事

 やあ、みんな。素敵な朝だね。
 こちらはミスター・ニューベガスだよ。(・ω<)

 ぼくが思うに、リスナーの諸君は美形ぞろいだ。
 みんなそれぞれに個性があって、それぞれが素晴らしい。

 さて、それじゃニュースを伝えよう。
 このブログの所有者が勝手に「SDの貴公子」と呼んでいる
 アサウラ氏がシナリオを担当したゲーム、
『アキバズトリップ』が、現在大変な勢いで売れているそうだ。
 アサウラ氏が不安視していた「とらのあな」でのサイン会予約も
 発売当日に即完売して、早々と受け付けを締め切ってしまった。
 氏の不安はまさに杞憂で終わったわけだ。
 同じく心配していたファンも、心からほっとした事だろうね。

 ニュースがないのが良いニュース、とはよく聞く言葉だが
 もし実際にそうなったら、退屈で仕方がないだろう。
 良いニュースも、悪いニュースも、
 ぼくらが同じ世界で生きている事を確かめさせてくれる。
 ぼくらを結ぶ大切な繋がりになりえるんだ。

 それじゃ、今朝のニュースはここまで。
 ミスター・ニューベガスの出番も、
 ここまでにしておこう。(・ω<)


 というわけで。
 どうもみなさま、おはようございます。滝川です。

 アキバズトリップやりましたよ早速。
(略すとアキトリ? そのまんますぎる?)

 今の若い人を置いてけぼりにするのを百も承知で言いますが
 くにおくんだよ、これ。やだもう、すごく懐かしい。
 ドッジボールとかバレーとか運動会とかじゃなく
 熱血硬派のくにおくん。
 シンプルな操作性のアクションで、ひたすら不良をやっつけて、
 なぜかやたらに多いお店で技を買ったりご飯を食べたり。
 ファミコン的な面白さですよ、これは。おじさんは大喜び。

 そしてこのゲーム、やりこみ要素が随所に盛り込まれています。
 服装集めや、分岐する会話の確認は基本として、
(初プレイ時、OPの会話だけで3回死んだよ滝川は)
 メイドポイントやアイテムの強化など
 プレイヤーがぼんやりしていると気づけない遊びの要素が
 あちこちに仕込んであります。
 ロード時間中のITウィッチが操作できると気づいた時は、
 うっかりバグらせたかと本気で焦りました。

 それから、意外と言うと失礼ですが
 アサウラさんの文章は意外なほどゲームに合っていました。
 通常、ゲームの文章は短く詰まっているものなので
 アサウラさんの文体の味を殺さないかと思っていたのですが
 さすがSDの貴公子、そこは上手く工夫していました。
 ネタバレしたくないので細かい話はしませんが少なくとも、
 アサウラさんのファンがシナリオ目当てで購入しても
 がっかりするような事はまずないと言い切れます。

 難点をあげると、やはりグラフィック関連。
 PSPなので仕方ないとはいえ、どうにも物足りません。
 シームレスのマップを自由に動けるようにして
 もっとイラストに近いキャラがちゃんと喋るようになれば。
 初動は順調に売れているようですし、
 高性能機での開発に期待したいところです。

 ……というか、妹ぜんぜん可愛くねえー。(´・ω・`)
 公式HPの妹と比較すると、ほとんど詐欺の類ですよ、ええ。


 ひとまず、一回クリアした感想はこんなところです。
 二周目からは主人公のモデルチェンジが解禁され
 スキルとアイテムも引き継がれるので
 やっと最初から全開に暴れられます。
 ついでに、ロビンマスクやネプチューンマンの
 コスチュームも追加配信されないかしら。
 コス専用のセリフも追加されて
「行くぞブドー、マスク狩りだ!」
 と叫んでから脱衣アクションするの。


 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。


TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。