スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひょっとしていじめなのかしら

 どうも、みなさま。こんばんは。滝川です。

 だから……お願いだから……
 とても評判のいい今のうちに「テルミー」を再入荷してください……
 書店さん……アマゾンさん……

 応援してくださるみなさまには、
 いつも、心から感謝しております。
 しかし、その期待に応えられないかもしれない自分を考えると
 本当に辛いのです……


・飛鳥さん
>テルミー読みました。
 感動……。凄すぎます……それになんていう美しい文章。
 どうやったらこんな綺麗な文章を書けるのでしょう?
 あの……続きをお願いします。ぜひ2巻を読ませてください。
 どうしても次が読みたいのです。
 あと、うちのブログでも宣伝しておきましたぜ。
 近くの書店では、3日で完売でした。


 飛鳥さん、お久しぶりです。
 ……本当にすみません。誠にありがとうございます。
 続きは……書きたいのですが……
 おそらく、ご近所の書店さんでも、完売の後に
 新しく仕入れてはいないと思います。
 その理由は私にもさっぱり解りません。
 素人考えではありますが、ちゃんと売れた本は、
 すぐに再入荷すればいいと思うのですが……

 ともかく、ご感想ありがとうございます。
 飛鳥さんには今回の文体がお気に召したようで、なによりです。
 なにぶん、文章の感覚は味覚と同じくらい千差万別十人十色で
 滝川如きが語るにはあまりにも恐れ多い、奥深いものです。

 卑近なところから例を挙げると、「テルミー」のプロローグを
「嫌でも惹きつけられる名文」と褒めてくれる人もいれば
「地雷を覚悟した」と否定的に受け止めた人もいます。

 一言で言えば「感覚は人それぞれ」で片付いてしまう事ですが
 そう認めてしまったら、進化もそこまでになってしまいます。
 これからも精進を重ねて、いつかは、
 万人が認める完璧な名文を書けるようになりたいと考えています。

 それで、ここからは厚かましいお願いなのですが。
 ぜひとも飛鳥さんのブログを拝見したいので
 よろしければ、ブログのURLをお教えください。
 あるいはトラックバックをば、よろしくお願いします。


 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。


TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。