スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きている間にやるしかない

 どうもみなさま、こんばんは。滝川です。

 とてもいい映画を観ました。


アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]
(2010/04/14)
アンヴィル

商品詳細を見る



「ANVIL」というバンドのドキュメンタリー映画です。

 誰もが年を取る。それが現実だ。
 腹は出て顔の肉は垂れ、髪は抜け時間はなくなる……
 だから、今やる。今から20年後、30年後、40年後には人生は終わるんだ。
 やるしかない。


 デビューから30年、未だヒット作に恵まれない
 リップス(CV古川登志夫)とロブ(CV若本規夫)。
 バイトをしながらバンドを続け、はや50代。
 ボロボロのヨーロッパツアー、ガラガラの客席、
 グダグダのマネージメント。
 多額の自費を出してレコーディングした13枚目のアルバムも、
 ほとんどの音楽会社から相手にされず。
 それでも二人は「ANVIL」である事をやめない。

 作中、リップスもロブも、何度も正直に
「売れたい」と口にします。
 ライブにたくさん客が来てほしい。
 アルバムがもっと売れるといい。
 そんな二人に音楽会社のエージェントは、
「ANVILの音は今の時代に合わない」と評します。
 しかし、二人は自分達のメタル・ロックを貫きます。
 これがやりたい事だから。
 そこを曲げてしまったら、どんなに売れても意味がないから。

 ラスト、東京の街角にリップスとロブが立って
 周囲を360度見回すシーンは、本当に綺麗です。

 素晴らしい映画でした。
「夢の代償」を赤裸々に伝えつつも、
「友情」と「覚悟」の美しさも最高に描かれています。

 なお、この映画は吹き替えの声優陣が素敵です。
 古川さんと若本さん、超ベテラン声優お二人の掛け合いは、
 リップスとロブの気の置けない関係を絶妙に表現しています。
 また、さりげなく大槻ケンジ氏が参加している事も見逃せません。
 下手ではないけど微妙な喋りが非常にチャーミングです。


 それでは、失礼します。
 がんばるよ。超がんばる。


TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。