スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぬぼれて 世はすみにけり 年の晩

 どうも、みなさま。こんにちは。
 今年も寡作で本当に申し訳ありませんでした。
 来年は頑張ります。滝川です。

 今年ももう終わりだし
 最後くらい、ロースおじさんもびっくりするような
 抱腹絶倒の面白記事を書いてみようかのう……

(リアルに三時間経過)

 ……だめだ。面白い話が一個も思いつかない……

( ´_ゝ`)「お前、そんなんで本当にプロの物書きなのか」

 すみません。ごめんなさい。
 そんなわけで、いつも通りの平凡な更新です。

・m-asaさん
遅ればせながらテルミー2を読了しました。
読み終えた後に1を読み返してまた2を読むというすっかりはまり込んだ感じです。
霊媒師のトリックが暴かれる度にスッとしたり、
映研部長との終盤のやり取りがグッと涙腺にきたりと、
読み終えた後に不思議と暖かい気持ちになれました。
素敵な物語をありがとうございます。
これからも応援しています。(感想をしっかりと表現できる力が欲しい所です……orz)


 丁寧なご感想、ありがとうございます。
 本当に私は素晴らしい読者に恵まれていて……こちらこそ恐縮です。
 来年は色々と幅を広げてみようかと考えていますが
 なんとか、てるみんの3も書けるように、頑張ります。
 今後ともどうか、よろしくお願い申し上げます。

 私にとって本を書く目的は、映像化してもらう事でも
 ミリオンセラーの大ヒットになる事でもありません。
(もちろん、それはそれで嬉しいけれども)
 本の目的は、真面目に読んでもらう事、それだけなのです。
 自分の人生と照らし合わせながら一語一語を丁寧に読み取り、
 物語の意味や「自分ならどうするか」を考える。
 そういう読み方をしてもらえる事が、
 作家にとって最高の幸福であり、最大の成果でもあります。

 とにかく滝川は読者に恵まれた作家だと自覚しております。
 受けた御恩は少しでも良い本を書く事で返し、
 またその本が素晴らしい読者との出会いを導き、また御恩を返して……
 そしてユニバースが生まれる。まさに円環の理。

 そんなわけで。
 来年はやるよ! がんばるよ!


 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。グッドラック。

スポンサーサイト

年内は封印しよう……

 読者のみなさまへの敬意と感謝を胸に
 来年はマジで頑張ります。滝川です。

 とりあえず、忍道2はちょっと封印しようと思います。
 残刻も風黒羽もPSVの操作感覚にも習熟し、
 リフォームされたマップの構造もほぼ把握。
 気絶玉や忘却玉も用意して、不殺任務も問題ない。
 こうなるともう、全てが楽しくてたまらない。
 しかし、このままでは仕事にならんのです。

 来年は本をもっと出さなければ。
 期待してくれる人がいるうちに頑張ります。


 それでは、拍手コメントに返信します。

・江藤晩翠さん
PSvitaいいですね。
自分も欲しいんですが、なにぶんお金が足りないもので今は様子見ですね。
ただ、噂でアクワイアさんでvitaのソフトが出るというのを聞いたので、
アキバズトリップが来るのでわと密かに期待しております。
侍道もプレイしたことが無いので、機会があればやってみたいです。


 いつもありがとうございます。
 現時点でアクワイアさんのPSV予定作には
『墨鬼』というものが発表されています。


墨鬼 SUMIONI墨鬼 SUMIONI
(2012/02/09)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


(まだ発売は大分先ですが、一応)
 実はこっちでもテキスト面で協力させていただきました。
 順調に仕上がりへと向かっているそうなので、
 よければPSVご購入の暁には、この作品もよろしくお願いします。

『アキバズトリップ』に関しては……
 当たり前の事ですが、私の立場では
 PSVに来るとも来ないとも言えるわけがありません。罰金バッキンガム。
 多分、アサウラさんならば多少は語れるはずなので
 生存観察室で改めて質問してみるのをお勧めします。
 ちなみに私はベントーのブルーレイを全巻予約済みです。
 ちょうど本日、一巻が届いたばかり。
 そういう誠意を示せば、アサウラさんの口も軽くなるかもしれません。
 ひょっとしたら。確かな事は何も言えませんが。


 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。
 新春に 瑠璃の衣を まとうかな


忍道2とPS VITAのはなし

 どうも、みなさま。おはようございます。
 わかっています。小説を書きます。滝川です。


忍道2 散華忍道2 散華
(2011/12/17)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


 というわけで『忍道2』が無事に発売されました。
 ひとまず五時間ほどプレイした時点での感想を述べたいと思います。

(´;ω;`)「ああ……忍道だ。これは忍道以外のなにものでもない」

 一応、私も関係者のはしくれなので自画自賛っぽくなりますが
 これはかなり良いゲームになっているんじゃないかと思います。
 初心者だと、操作になれるまでは本当に大変だと思いますが
 上達すれば縦横無尽にフィールドを駆け巡って
 必殺の一撃を繰り出して回る快感を存分に味わえます。

 とにかくPS VITAを購入した人で「忍道2」をやらないのは
 すごくもったいない事だと思います。
「忍道2」なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。

 ついでに、PS VITA本体の感想。
 画面は非常に綺麗です。綺麗、なのですが……
 最初にアンチグロスの保護フィルムを購入したのは大失敗でした。
 指紋防止と謳っていながら普通に指紋が付くし、
 光沢消しのせいで画面がザラザラしたものになるし、
 しかも反射は別に消せてないしで……
 結局、他のものを買い直す羽目になりました。
 保護フィルムってどうにかならんもんじゃろうか。

 それから事前に流れていた噂、
 右アナログキーが×ボタンに干渉するというのは大嘘でした。
 親指がバナナくらい太いか
 わざと引っ掛ける押し方をしないと、まず普通は干渉しません。
 ただ背面タッチパネルは、
 少なくとも忍道2をやる上では、
 カットした方がVITAを持ちやすくなります。私の場合は。

 バッテリーは素晴らしい性能です。
 フル充電しておけば、三時間は余裕でもちます。
 これは文句なしに便利ですが
 強いて難点を言うなら、充電用アダプタの
 前後の解りにくさにはちょっと戸惑いました。

 初期不良の噂は私も耳にしていますが
 とりあえず私の購入した品は至って正常に稼動しています。
 しかし、周辺機器も必要ですし決して安い買い物ではないので、
 不安のある人は情報を待った方が良いとは思います。


 ひとまずこんなところです。
 簡単にまとめれば
「忍道2楽しいよ忍道2。楓かわいいよ楓」
 というところです。
 なんにせよPS VITAを買うなら、
 忍道2をやらないのは絶対損です。


 というわけで、今回はここまで。
 もちろん本業も励みます。
 それでは、失礼します。


忍道2 散華 今週発売です


( ´_ゝ`)「宇高多の物語を憶えているものは幸福である。
     心豊かであろうから」


 どうも、みなさま。おはようございます。滝川です。
 いよいよ発売間近になってきました。
 PS・VITAのロンチタイトル、『忍道2 散華』


忍道2 散華忍道2 散華
(2011/12/17)
PlayStation Vita

商品詳細を見る



 実は「アキバズトリップ」に続いて、
 このタイトルでもアクワイアさんに協力させていただきました。

 といっても私が担当したのはメインシナリオではなく
「ハラキリエンジン」の任務依頼文のテキストです。
(○○屋暗殺依頼、××から兵糧を盗め、といった依頼文)

 新キャラの風天さんと季判さんの口調を設定し、
 小説二冊分くらいの文章量を新たに書き下ろしました。
 大変だったけれども、とてもやりがいのあった仕事です。

 なにぶん、前作の『忍道・戒』は
 ラスボス以外不殺プレイとか……
 爆弾、鉤鎖なしの縛りプレイとか……
 生涯で最もやりこんだゲームかもしれない一本なので
 今回、関わらせていただけるだけでも光栄の極みでありました。

 PS・VITAを購入する予定のみなさま。
 なにとぞ、『忍道2 散華』をよろしくお願いします。

 ……これだけで終わるのもなんなので。
 以下、主人公に依頼文を送ってくる大名達の人物紹介を
 私なりの解釈で書いてみます。
 少しでも忍道に興味を持っていただければ幸いです。

(注意・これは私が依頼文を作成した時点での古い情報です。
 個人的な解釈も入っています。
 おそらく実際のゲーム内容やシナリオ本編とは食い違う点が多々あります。
 ご了承ください)


「守護大名・一条信輝」
 前作の三人のボスから、引き続き登場する人です。
 温厚な性格で平和を愛し、大名でありながら下の者にも気を配る、
 生真面目すぎるところがある善人です。不眠症になったりもします。
 実在した武将に例えると徳川秀忠みたいな人でしょうか。能力的にも。
 今回は、戦国大名として少しだけ成長しているようにしました。
 しかしそれ以上に、疲労感や厭世観も増しています。
 他勢力を滅ぼした時の定番の発句も、
 今回は成長を示すために一応、真面目なものを自作しました。
 しかし実際にそれが採用されたかは、私も知りません。どきどきです。


「宇高多の反逆児・風天寅三郎久秀(新登場)」
 一条さんと違って理性や良心のタガがなく、
 自分勝手な世界観と美学でどこまでも突っ走ろうとする人です。
 織田信長ほど革命的ではないけれども、気性は近いものがあります。
 一見、アホっぽい人ですが戦国乱世というものを本能的に理解していて、
 手痛い被害を受けても感情を抑え、客観的に判断し、
「隙を見せた方が悪い」
「殺し殺されは乱世の常だ」と言い捨てます。
 冷酷非情ながらも魅力的な悪人という位置につければ良いのですが……
 どう評価されるか楽しみです。


「阿無璃他二代目教主・季判(新登場)」
 ガチの狂信者です。
 前作のボスの一人・貞女が捏造した阿無璃他(あむりた)教という
 正体のないあやふやな宗教を、心から信じ込んでいます。
 本来は教団のアイドルにする予定で貞女Pが育てていましたが
 肝心の貞女が、前作の主人公・鴉のゴウにやられてしまったので、
 内紛を避けるためのお飾り教主として
 やむを得ず祭り上げられました。
 ところが季判は意外にも努力家で頭が良く、神秘的な直観力もあり、
 立派に教団をまとめあげて、再起へと導きました。
 基本的に彼女は丁寧で、礼儀正しい依頼文を書きますが、
 所々に宗教的狂気が滲んでいます。


 ……以上、依頼文を作成した時点では、
 三人はこんなイメージでした。
 果たして本編ではどんな活躍をするのか、私も楽しみです。

 繰り返しになりますが、
『忍道2 散華』を、どうかよろしくお願いいたします。


 ゲームの話はここまで。
 ここからは、拍手コメントへの返信です。


・atlasさん
このラノ27位だったんですかΣ(゚Д゚)。
投票したっきりで、順位を見ていませんでした……。
まぁ、とにかくおめでとうございます。
来年は、もっと上位になれることを、心からお祈りします。


 いつもありがとうございます。
 そして毎度の事ですが、
 返事が遅くて本当に申し訳ありません。

 投票ありがとうございます!
 27位という順位は、確かに宣伝材料としてはこう、
 いまいち歯切れの良いものではありませんが
 今の滝川の知名度や売り上げからすれば
 奇跡のような高順位であります。
 本当にありがとうございます。
 つくづく、私は読者に恵まれた作家だと感謝しています。

 来年はもっと手数を増やす予定です。
 テルミー3巻は……ちょっと大人の事情があるのですが
 とにかく頑張ってこの状況をなんとか打開してみせます。
 とにかく、色々と頑張ります!
 そういうわけで、今後とも、よろしくお願いいたします。


 長くなりましたが、それでは今回はこの辺で。
 失礼いたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。