女スパイのはなし

 どうもみなさま、こんばんは。滝川です。

 発売延期に延期を重ねてきた霧子さんのフィギュアが、
 ようやく明日発売になるようです。
(今度こそ多分延びないと思います……)

 記念にちょっと、女スパイの話をやろうと思います。
 歴史を好きな人の間で、たまに
「くのいち=女性による諜報活動は、歴史上実在したのか?」
 という話題が上がることがあります。
 以下は、その疑問に対する滝川の独断と主観に基づく回答ですー。

 滝川の知る限り、西洋で最も古い女スパイは
 旧約聖書・士師記に登場する「デリラ」です。
 まず士師記とは、キリスト誕生以前のユダヤ民族に現れた
「士師」と呼ばれる英雄達の物語です。
 この士師の中に、「サムソン」という高名な一騎当千の猛者がいます。
 サムソンは千人力の超人ですが、
「髪に剃刀を当てると力を失う」という秘密の弱点を持っています。

 デリラはサムソンに近づいて色仕掛けで篭絡し、(ハニートラップ)
 彼の怪力の秘密を暴き出し、(情報収集)
 仲間を手引きして、サムソンの髪を剃ります。(破壊工作)

 無論、士師記は史実かどうかも不明ですし、成立年代も曖昧。
 サムソンとデリラも実在したか怪しい存在ですが、
 少なくともユダヤ民族の間には紀元前の時点で、
「女性による諜報活動」の概念が存在していたことを証明しています。


 次に東洋では、紀元前500~450年代、呉越の争覇に登場する美女、
「西施(セイシ)」が、おそらく最初の女スパイだと滝川は思っています。

 西施は「ひそみに倣う」という格言の元となった美女です。
 彼女には生まれつき胸痛の持病があり、胸を抑えながら
 苦しげに眉をひそめている姿があまりにも儚げで美しく、
 その姿を他の村娘が形だけ真似たため
「村中で疫病が流行している」と誤解された、といわれています。

 他にも呉越の争いには、強烈な個性を持つ
 ユニークな人物がたくさん登場します。
 臥薪嘗胆の呉王・夫差(フサ)と越王・勾践(コウセン)。
 かの有名な「孫子の兵法」の起源とされる名将・孫武。
 屍に鞭打つ過激派軍師・伍子胥(ゴシショ)。
 そして西施を夫差に派遣した天才軍師・范蠡(ハンレイ)。

 越の軍師、范蠡は西施の美貌を利用し、
 越一番の美女として呉王・夫差に献上します。
 果たして夫差は西施の美貌に魅了され、男性的誇大妄想を膨らまし、
 中原の覇王になることを軽率に目指してしまいます。
 呉の軍師・伍子胥はそれを戒めて疎まれ、
 屈辱的な自殺に追い込まれます。

 最終的に夫差は足元をおろそかにしたまま中原へ打って出、
 越軍に本拠地を覆されてしまい、破滅します。


 思ったより長くなりましたが、まとめとして。
 東洋でも西洋でも、紀元前の時点ですでに、
「女性による諜報活動」という概念が成立していたことは
 間違いないようです。
「情報」には重さがありません。
 どんなに非力な女性でも、たやすく持ち運べるのです。

 ……以上、女スパイについて、
 長々と言いたいことを言わせていただきました。
 ……嗚呼、霧子さんの続きを書きたいなあ……。
 フィギュアが一体でも多く売れますように。


 長文、失礼しました。
 少しでも歴史に興味を持ってもらえたら光栄です。
 それでは、いつも本当にうれしい拍手返信です。

・海法 紀光さん
>先日、「超人計画」読んで、大変に面白かったです。
 アメコミ好きなので、アメコミ部というとこにひかれたんですが、
 全編面白くて、熱い物を感じながら読み終えました。
 新刊、おめでとうございます!楽しみにしております。


 あの、海法紀光というお名前には覚えがあるのですが……
 もしかして、サンドマンやウォッチメンの翻訳に関わっておられる
 海法紀光先生なのでしょうか?
(偶然の一致でしたら、大変失礼しました)
 ともあれ、ご声援ありがとうございます!

 次の本の話も、近いうちに少しずつご説明していきます。
 正式に決まってからでないと、色々とまずいのです……。
 なにとぞ、ご了承くださいませ。


 それでは、今回はこの辺で失礼いたします。
 今後ともよろしくお願いします。

霧子さんCG

 どうも、こんにちは。滝川です。

 うれしいお知らせが入ったので、まさかの連日更新です。
 昨日もペタリと貼ったこちらの企画。

《艶華王道大將軍》

 この企画の母体であるスタジオ・アニマさんが、
 今年もTAF向けにCGを製作されたそうです。





 youtubeさんでも公開しております。

 CGについてはほとんど知識が無いのですが、
 とにかく可愛くて素敵。

 夏の新刊も大切ですが、
 この企画も、がんばっていこうと思っています。


 さて、今日もありがたい拍手への返信です。

・滝廉ファンさん
>新刊待ち遠しいです!!やっとですね~まだ夏までは長いけど・・・


 まったくもって、やっとです。
 長かった……まだ長いけれども。
 きっと期待を裏切らない、面白い原稿になっていると思います。
 自分を信じて。


 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。

Noirを……黒のワインを頼む

 どうも、こんばんは。滝川です。

 特に動きの無い日々を過ごしております。
 そのためどうにも更新が捗らず、申し訳ありません。

 今回のタイトルは某殺し屋漫画から。
 とあるバーで上記の注文をすると、
「この店でなら飲めるかもしれません」と他店を紹介され、
 そこで殺し屋に会えます。

 で、その作品の中では「実在しない」と説明されている黒のワイン。
 実はフランス南西部のカオール地方で、本当に作られています。
 そのまんま「Noir」という名で、黒に近いほど色が濃い赤ワインです。
 ……インターネットってすげーなー。なんでも調べられるんだなー。

 まあそれで、出版はまだ先だけど新刊の告知もできたし、
 こうして話しの種にもなればと思って、
 ちょっとお高いけれども、前祝いに飲んでみました。
 ……すごく、濃い。
 苦味や臭味はまったくないものの、
 ワインを黒く染め上げるタンニンの濃厚な味わいが
 圧倒的に口の中を占拠する。香りも濃厚で、とにかく深く、濃い。
 私は嫌いじゃないけれど、とても万人にお勧めはできない、
 そんな素敵な癖のあるワインでした。

 それから、宣伝です。
 私も特に説明を受けていないのですが、発売延期されていた
「服部霧子」さんのフィギュアがもうすぐ出ます。
 右側のプロフィール欄にアマゾンさんへのリンクが載っていますので
 よろしければ、ぜひとも、お願いします。

 ついでに、改めてWEB小説とのリンクもポチリと貼っておきます。

《艶華王道大將軍》


 それでは、すっかりお待たせしてしまった拍手返信です。
 本当にいつもありがとうございます。感謝しております。


・飛鳥さん
>先生おめでとうございます!絶対買いますね!新作はどんな内容なんですか?

・イワムラスキーさん
>新刊おめでとうございます。期待して待ってます!

・なおえさん
>新刊期待してます!



 もう、本当に、すみません。
 これだけ長い間、新刊を出せていない非力なぼんくら作家を、
 未だに憶えていてくださるだけでも、涙が出るほどありがたい事です。

 新刊のあらすじは……公式がまだ動いていないので勘弁してください。
 なぜか告知されているタイトルにも(仮)が付いていますし。
 とにかく、もうちょっとだけお待ちいただければ、
 色々と正式に決まっていくはずです。
 謝ってばかりで逆に誠意が疑われますが、本当にすみません。
 なにとぞ、見捨てないでください。


 それでは、今回はこの辺で失礼いたします。
 どうか今後とも末永く、よろしくお願いします。

一応公式にも載っているので

 どうもーこんにちは。滝川です。

 集英社SD文庫の公式サイトに記載されたので
 こちらでも一応、宣言しておきます。

 とりあえず、ほぼ確実に新刊を出せそうです!
 ありがとうございます!
 みなさま本当にありがとうございます!
 
 でも、今年の上半期中は多分、出せません。
 夏頃という話です。
 ……ハブられているわけじゃないよ、ほんとだよ。
 色々と準備があるんだよ。それまでがんばるよ。
 気の長い話ですが、なにとぞ、よろしくお願いします。

 続いて、近況ー。
 長年愛用していたイヤーフック型イヤホンが壊れました。
 なにぶん、もう何年も使い続けたものなので
 耳当ての部分のゴムがズレたり、所々破れたり、
 だいぶ使いづらい感じに。

 本はなかなか出せないわ、愛着のある品は壊れるわ、
 今年も滝川はご機嫌だぜ。

 まあそんなわけで新品購入を決意。
 長時間パソコン前で作業をする必要上、
 付けていて苦にならない事がもっとも重要な条件です。
 そうすると耳に突っ込むタイプや
 ヘッドバンド型は、耳が蒸れたり擦れたりするため
 使いづらいのです。

 軽く、耳に優しく、できれば音も良い品……
 あれこれと調べ検討した結果、こういうものを買いました。




 期待通り軽い。素晴らしい装着感。
 音も(滝川の耳には)非常に高品質でした。
 もし「新しいイヤホン欲しいなー。軽くて高品質なの」
 という気分の人がいましたら、この子は本当にお勧めです。

 それでは、失礼します。
 今後ともよろしくお願いします。

暴君というネタで上手く繋げてみたつもり

 どうも、おひさしぶりです。滝川です。

 更新をサボりすぎていて、誠に申し訳ありません。
 ここまで更新頻度が落ち込んでいた理由は
「次の更新は新刊の話だ!」と一人で勝手に決め込んで
 結局まだ具体的に固まっていないという体たらくのためです。

 しかしよく考えてみるとここは私の日記帳なのです。
 別に告知関連だけではなく、好き勝手な事を並べてよい場所なのです。
 そうと気づいたからには、今後はほどよく自由に
 思いついた事を適当な調子で書いていこうと決めました。
 そんなわけで、今後ともよろしくお願いします。

 ところで、本日はひな祭りですな。
 しかし、特に思い出も言いたい事もないのでスルーします。
 代わりに、なんとなく思い出した傑作漫画の紹介を。




 手塚治虫先生の愛弟子、坂口尚先生の傑作です。
 この傑作と「アドルフに告ぐ」の二作品は
 第二次大戦を題材にした漫画の二大巨頭であります。




 これはあくまで滝川の個人的趣味と意見ですが、
「石の花」の方が「アドルフ~」よりも面白いと思っています。
 なんにせよ、どちらも今の若い人にこそ、
 ぜひとも読んでほしい傑作であります。

 しかし、最近の「非実在青少年」とやらいう
 馬鹿馬鹿しい規制騒動。
 あのくだらない規制がもし万一成立したら、
 もう東京都では「エスパー魔美」も「石の花」も読めなくなるのかしら。

 ……統計の揺らぎ程度ではない、明瞭な治安の悪化を示す具体的データも、
 コミック規制が犯罪を抑制する改善策になるという科学的根拠も示せず、
 世界に誇れる日本の漫画文化を、ただ破壊しようとしているこの愚行。
 とても正気の沙汰とは思えません。
 効果を期待できず、必要性も無く、多数の有権者の反感を買うのが必至で、
 むしろ犯罪を奨励する恐れさえある。(いわゆるカリギュラ効果)
 こういう愚劣な事がどうして思いつけるのか、とても不思議です。


 それでは、失礼します。
 これからもよろしくお願いします。