どうか、お年玉をこちらにも残していてください……

 どうもみなさま、こんにちは。滝川です。

 もうすぐ、2010年ですねえ……思えば遠くへ来たものです。
 今年は別に遊んでいたわけじゃないのですが、まさかの出版ゼロ。
 本当に情けない状況となりました……

 とにかく、来年は巻き返しを狙っていきます。
 なにとぞ、応援のほど、よろしくお願い申し上げます。


 それでは、拍手返信です。

・匿名の方
>小説ダイショーグンの続き待ちしてた人間です。
霧子フィギュアからつられて読んだ小説で
失礼ながら全く期待してなかったのが
毎回続きが気になって更新はまだかとちょこちょこサイト確認することに。
第一話、楽しく読ませて頂ました。続き待ってます。
書いといてなんですが文章書きの人にメールを送るというのは少し怖いですね。


 丁寧な文章、誠にありがとうございます。
 やさしい励ましのお言葉、本当にありがとうございます。
 ダイショーグンは結果として、2009年唯一の仕事となりました。
 それだけに思い入れも一入であります。


艶華王道 ダイ☆ショーグン 服部霧子 忍者Ver. (ノンスケールPVC塗装済み完成品)艶華王道 ダイ☆ショーグン 服部霧子 忍者Ver. (ノンスケールPVC塗装済み完成品)
(2010/01/25)
やまと

商品詳細を見る


 お話の続きのためにも……
 よろしければみなさま、このフィギュアのご購入を……
 なにぶん、お高いものなので恐縮ですが、よろしくお願いします。


・飛鳥さん
>ありがとうございます。二次創作という手は、思いつきませんでした。
それにしても、分かりやすく、かつ丁寧なご指導。感服しました。やっぱりプロは凄いですね!
そういえば「魔法少女を忘れない」が宝島社のランキング本に紹介されていて驚きました。
いい作品なら誰かがきちんと評価するんですね!
先生も、来年暴れてください!応援しています!


 少しはお役に立てたようでなによりです。
「魔法少女~」のしなな先生は、とてもいい男なのです。
 腰が低くおしゃれで、誰に対しても温厚で笑顔を絶やさぬナイスガイ、
 それがしなな泰之という男なのです。ほんとだよ、うそじゃないよ。
 ちなみに、そんな温和なしなな先生から
「よせっ!」と真顔で何度も叱られた駄目人間が、滝川です。
 集英社の謝恩会などで、滝川がぼんやりした状態で口を開くと、
 しななさんが慌てて上記の「よせっ!」をやります。
 このように、彼は、とても親切で情に厚い人なのです。

 ともあれ、飛鳥さんの仰るとおり、
 いい作品や変わった仕事をしていれば、誰かが必ず注目してくれると
 私も信じております。
 しなな先生の件は、私とは芸風こそ違いますが励みになりました。
 がんばります。応援、よろしくお願いします。


 それでは、今回はこの辺で失礼します。
 霧子さんを……なにとぞ……よろしくお願いします……

荘子曰く、井蛙は以って海を語るべからず

 どうもみなさま、こんばんは。夜分遅くに失礼します。滝川です。

 今回、特に更新ネタはないのですが、
 実は前回の小説に関する質問が、ずっと引っ掛かっていました。
 自分がまだ「小説とは何か」などと語れる分際ではない事は
 百も承知なのですが、もう少し役に立つ事は言えなかったものか。
 そんな事を考えていると、ありがたい事にまたコメントを頂けました。


・飛鳥さん
>先日は突然変なお願いをしてすいませんでした。
自分の趣味の範囲で書いてみたいだけなので、何かヒントでも下さると大変ありがたいのです。
何から書けばいいのか、右も左も分からないもので・・・・・・・


 なぜ私ごとき雑魚作家を、こうも見込んでくださるのか解りませんが、
 こうして二度も頼られた以上は、少しはまともな助言をしたいと思います。
 とはいえ、失礼な比喩表現をしますが、
 飛鳥さんの「小説病」がどの程度の症状なのか私には解らないので、
 お薬は三種類用意してみます。


「助言A」
 小説を書く事は、喫煙や飲酒やギャンブルなどと同じで、
 できれば人間がやらない方がいい事のひとつです。
 執筆作業には肩こり、腰痛、視力低下などのリスクがあり、
 あなたの貴重な人生の時間が大量に浪費されます。
 その結果、必然的にあなたは人付き合いが疎かになり、
 またオチのない会話に苛立つようにもなります。
 もし、あなたが他にもっと健全な趣味をお持ちなら(スポーツや楽器演奏など)
 そちらにもっと力を注ぐようにした方が、
 小説を書くよりもずっと健康的で社交的な生活を過ごせます。


「助言B」
 もし、どうしても「小説を書きたい」という衝動が治まらないのなら
 まずは「小説の書き方」というキーワードで検索してみましょう。
 世の中にはすでにたくさんの「小説ハウツーサイト」があります。
 お金をかけずとも、基本的な小説作法はネットで十分に学べます。
 ただし、サイトによっては執筆者の主観で、
 少し偏った意見が書いてある事もあります。
(くずれた口語が大嫌いな人や、!?の感嘆符が大嫌いな人など)
 とにかく、小説創作関連のサイトはたくさんあるので、
 自分に合う雰囲気の場所を探してみてください。

 お気に入りのサイトで小説作法を学んだら、
 後は、自由です。
 司馬遼太郎先生は、今話題の『坂の上の雲』の後書きでこんな事を仰っています。

『小説という表現形式のたのもしさは、マヨネーズをつくるほどの厳密さもないことである』

 最低限の小説作法さえ弁えていれば、どんなものを書こうとあなたの勝手なのです。
 あくまで趣味として楽しむという姿勢を忘れず、少しでも疲れを覚えたら休んで、
 元気な時やイメージが膨らむ時だけ書くようにしましょう。
 何を書くか思いつかない時は、素直に寝てしまいましょう。


「助言C」
 あなたがすでに小説作法を習得していて、長編小説を書いた事もある場合。
 あなたはすでに、私とほとんど変わらない力量の持ち主です。
 偉そうに教えられるような事は何もありませんが、
 小説を書く上で、私が重要だと考えている事をいくつか提案してみます。

・忍耐
 これがないと始まりません。
 最後まで原稿を書き上げるために必要不可欠なものです。
 また、批評に耐える精神の強さもいずれ必要になります。
 これを鍛える方法は、実際に最後まで書き上げるしかありません。
 途中で疲れたり飽きたりしても、完結まできちんと書きましょう。

・学習
 文章表現の語彙の豊富さ、説得力などを高めるには、
 とにかく読書しなければなりません。
 色々な本を、注意深く精読しましょう。
 単純に読んだ冊数よりも、心に残ったフレーズの数が大切です。

・客観
 自分の書いたものをほどよく客観視できるように努めましょう。
 長所と短所は表裏一体です。スピーディな描写は説明不足でもあり、
 逆に詳細な描写は冗長な印象を招く恐れがあります。
 文章の良い所だけを見るのも、悪い所ばかり見るのも間違いです。
 本を読む時には「この描写における作者の狙いはなんだろう」と
 分析して、その意図が成功しているかどうかを判定し、
 天秤のようなバランスのいい客観性を磨きましょう。


 ……今の滝川が助言できるのはこの程度です。
 やはり、どうにも偉そうで、火傷をしている感じがします……。
 なにとぞ、寛大な気持ちでお見逃しください。

 あと、「何を書けばいいのか」というヒントに関しては、
 趣味で書くのなら二次創作(好きな作品の続編や外伝など)でどうでしょう。
 オリジナルでいきたいのなら、あまり大げさな話は避けて
 オーソドックスな展開を心がけるのがいいと思います。
 例えば困っている女の子を助けてトラブルに巻き込まれたり→カリオストロの城など
 主人公のもとに依頼人が来て事件解決を託したり→シャーロック・ホームズなど
 導入は無難でも丁寧な方が、お話に入りやすいものです。


 今回は以上です。長くなってすみません。
 また、分際を弁えず偉そうな事ばかり書いて、本当にごめんなさい。
 これも人の役に立ちたい一心であります。どうか、大目に見てください。
 それでは、失礼します。

日記だ!

 どうもみなさま、こんばんは。滝川です。

 たまには日記らしい話を。
 先日、来年に向けての新規巻き直しをかねて、
 パソコンのOSをWINDOWS7にアップグレードしました。
 とはいえ、自分でやる事はほとんどなく、
 カタカタ動くパソコンの前でぼんやり座っているだけの一日。
 そのついでに、藤子F先生の大全集で「エスパー魔美」を熟読しました。
 やはりF先生は最高です!
 もしこの作品が、児童ポルノ規制法なんぞで読めなくなりでもしたら、
 それは全人類の文化的損失に他なりません。
 ちなみに、「まみ」は「魔魅=人を陥れる魔性」という意味の他に、
「猯=狸、穴熊」を意味する古い言葉でもあります。
 だからポンポコは狸みたいな犬なのです。漢字豆知識。

 それからまた別の日。
 今度はウィルスバスターのバージョンアップ作業。
 ぼんやりとパソコンの前で大全集の「バケルくん」を熟読。
 これは読んだ事がありませんでした。F先生のファンとして恥ずかしい。
 すごく面白かった! やはりF先生は最高です!

 まあこんな調子で、パソコン周りをバージョンアップしました。
 これで滝川はあと五年は戦えます!
 それまでになんとかします!

 で、ちょこっと来年の話。
 まだ公式が動いていないのであんまり話せないのですが、
 とりあえず、来年は本が出せそうです。
(というか、出せないとさすがに話にならない……)
 とはいえ、あくまでまだ見込みの話でして、
 もし滝川が公園で裸になって踊っているところを警官に取り押さえられたら、
 本は出ません。
「出るって言ったのに出ないじゃん!」という事態になったら、
 その時は滝川の責任です。


 それでは、いつもありがたい拍手への返信です。

・滝廉ファンさん
>来年は活躍の年になるといいですね!新刊心待ちにしています!


 ありがとうございます。がんばります!
 来年はとにかく、少しでもチャンスを増やせるよう努力します。
 今年もそのつもりで動き回っていたのですが……
 なにはともあれ、ひたすらやるのみです!


・飛鳥さん
>こんにちは! 滝川先生!
あの、私も小説とか書いてみたいのです。小説講座をこのブログでやってくれませんか?
(できるだけ、誰でも小説書ける様に)


 私には、小説というものがよくわからない……
 つまらない時事ネタはともかく(正直な気持ちでもありますが)
 まだ一冊しか本を出していない上に売れっ子でもない滝川ごときが
 小説講座などできようはずもありません。
 あいすみません、勘弁してください……。
 しかし、これだけで終わるのもなんだか失礼なので、
 偉そうにならないよう気をつけつつ、実体験に基づいた助言をさせていただきます。

 ……と、思ってあれこれ考えてみたのですが、
 やっぱり偉そうな感じになるのでやめます。
 すみません。滝川が大成してから、改めてまた質問してください。
 ごめんなさい。


 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。

やあ。実はまだ生きていたんだ。

 どうも、おはようございます。みなさま、ご無沙汰しておりました。滝川です。

 我ながら呆れるほど長く更新をサボっておりました。
 理由は色々とあるのですが、一言でいえば、開き直っていました。
 もう新しい動きができるまで、音なしの構えで潜んでいようかな……と。

 そんな深く静かに潜航するかのような日々の中で、
 とりあえず、一つの区切りがつきました。

《艶華王道大將軍》

 もうすっかり忘れてしまった方も多いかと思いますが、
 ダイ・ショーグンの小説、長崎編完結です。
 続き……やりたいなあ。なんとかがんばります。


 それでは、いつも本当にありがたい拍手返信です。

・イワムラスキーさん
Gに怯えながらのお仕事とは…心中お察ししますw完成も近づいてきたみたいで楽しみです!


 ……もうなんというか、いつもいつも情け深いお言葉、
 誠にかたじけない。ありがとうございます。
 新刊の話は公式が動くまで、当方は何も言えません。お察しください。


・匿名の方
なんか静かだけど、とにかくがんばれー!ここが踏ん張りどころだろ! ファイト!


 OK!
 上でも書きましたが、静かなのはわざとです。
 動く時は一気に動く! ……という予定です。


 今回は以上です。それでは、失礼します。
 十二月に入り、めっきり寒くなりました。
 みなさまもお風邪など召しませぬよう、ご自愛ください。