スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「碁娘伝」

 夜分遅くに失礼いたします。滝川です。

 またしても少し間を空けてしまいました。すみません。
 現在、ちょっとパタパタしておりまして、例によって更新頻度が低下しそうです。
 なにとぞ、ご了承ください。

 それでは、今回の更新。


碁娘伝 (潮漫画文庫)碁娘伝 (潮漫画文庫)
(2007/06)
諸星 大二郎

商品詳細を見る



 この本は、私の尊敬する作家「諸星大二郎」先生の作品です。
 僭越ながら、私が簡単に内容をご説明しますと……

 舞台は中国、時代は唐の玄宗皇帝の御代。
 城外の荒れ果てた屋敷に、妖怪が出るという噂が広まる。
 その妖怪は美しい女の姿をしていて、
 屋敷に立ち寄った人間に碁の勝負を申し込む。
 勝てば女の体を好きにしていいが、
 負けた場合、挑戦者は片方の耳を奪われる……
 謎の妖怪、碁娘。彼女の目的と正体とは?

 ……というお話です。
 さて、この「碁娘伝」
 内容の面白さも本当に素晴らしいのですが、
 同じくらいに偉大なのは、この本が出版された事、そのものです。

 巻末の初出一覧によると、
 第一作「碁娘伝」は1985年の4月。
 第二作「碁娘後伝」は1993年の11月と12月。
 第三作「碁娘翅鳥剣」は2000年の1~3月。
 第四作「棋盤山」は2001年の5月となっております。

 つまり、諸星先生は16年もの歳月をかけて、
「碁娘伝」という一つの物語を完成させたわけです。

(他にも、短編集「夢の木の下で」に収録されている
「遠い国から」という作品は、20年かけています)

 私は、諸星先生の足下にも及ばない浅学非才の凡人ですが、
「物語を完成させる」という事への情熱と誠意だけでも
 諸星先生に負けないよう、がんばっていこうと考えております。

(……それ以前の深刻な問題は、
 10年も20年も読者が待ち続ける気になれる傑作を
 私が書けるかどうかですが……)


 では、最後になりましたが拍手返信を。

・LEXXさん
(拍手の内容は控えさせていただきます。ごめんなさい)

 いつもいつも、励みになるお言葉を掛けていただき、
 本当にありがとうございます。
 ただ、今回の内容はいささか某有名人に厳しい表現がありましたので
 掲載は控えさせていただきます。ご了承ください。


 以上、今回はこの辺で、失礼いたします。
 今後ともよろしくお願いします。

スポンサーサイト

拍手返信

 どうも、こんばんは。滝川です。

 まずはWEB拍手への御礼をば。

・LEXXさん
>分かってしまう自分が悲しいです。しかしまあ、とんでもなくエッセイが上手いですね。


 多分、以前の匿名の方。
 ……そこまで褒められると、恥ずかしゅうございます……
 ありがとうございます。これからもコツコツ更新します。


・イワムラスキーさん
>新刊に期待してます!無理せずがんばってください。


 新刊は、当分……
 しかし、一応こういうお仕事もやっています。
 WEB小説は、どうしても本に比べて読みにくいのですが、
 アニマさまのスタッフや挿絵の山下先生を始め、
 みんなで精一杯がんばっておりますので、なにとぞよろしくお願いします。


 以下は、わりとどうでもいい、与太話です。
 真面目に受け取らないでください。

 噂によると「ぷっすま」は司会降板で続くそうです。
 そうなると、タイトルが「すま(っぷ)」なのが意味不明ですが……

 ところで、世間では「騒ぎすぎ」という声が多いこの一件。
 私としては色々、考えるところのある事件に思えます。

 あれだけ有名で、CMや映画など華やかな仕事がたくさんあって、
 演技も褒められていて、なにもかも順調に(外からは)見える人でも、
 自宅の外で、正体を失うくらい飲みたくなるようでは……
 吹けば飛ぶような雑魚の私は、どうすればいいのやら。
 これじゃ人生に夢も希望もありゃしませんぜ、ダンナ。

 バットマン曰く
「人間の自我を支える本質は、狂気かもしれない」

 ……つまり、地デジ大使だの日韓親善大使だの、
 普段から正気でいるのが間違っているのですよ。
 基本的に狂っていて、時折、正気に返る。
 それくらいが人生を面白おかしく渡るコツかもしれません。

 極論すれば、「人は狂っているから正気でいられる」という
 老子ばりの逆説ですよ。

 意味が解らなくてもだいじょうぶ。
 ただの与太話ですから。


 と、おそろしく無責任な考えを適当に述べたところで。
 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。

おそらくこれを思い出した伊集院ファンは私で百万人目


『じゃあなんですか、公園で裸になっちゃいけないって、
 そんな法律でもあるっていうんですか!!』


『……あるんですか。すいません』


「ぷっすま」好きなのですが、終わっちゃうんでしょうね……。
 残念です……

誰よりも君を愛す

 どうも、みなさま、こんばんは。
 一週間ぶりの更新です。滝川です。


 産婦人科からERに移ってきた女医のアビーは
 初めて老人の患者の死を目にし、ショックを受ける。

「産科では仕事のほとんどがおめでたい出来事だった。
 それだけに若い命や母親の死は一際辛かったけれど、
 老人の最期に立ち会ったのは今日が初めてで……」

 ERの先輩医師・カーターは
 理解ある穏やかな表情でアビーを見ている。

「先輩として一言、言おうか?」

「ええ、聞きたい」

「ここでは、うれしい事は少ないよ。
 いつも新しい悲しみがやってくる。
 少なくとも僕はね、何度も忘れようとした。
 でも、ダメだった」


 ……以上、うろ覚えで書いた
『ER』屈指の名エピソード、「誰よりも君を愛す」からの抜粋でした。

 なぜ急にこんな話を書いたのかというと。
 別に、私の身に何かあったわけではありません。
 ただ全国に二人くらいは、意味の解る人がいると思います。
 その人達が、ここを見ているかどうかは知りませんが……。


 それでは、今回はここまでです。
 失礼いたします。

機甲戦虫紀LEXX

 どうも、こんにちは。滝川です。

 現在公開しているWEB小説について
 拍手で面白いネタを頂いたので、早速更新します。

匿名の方
>機甲戦虫紀LEXXみたいな作品ですね


「機甲戦虫紀LEXX」……不勉強な私は初めて聞くタイトルでした。
 ともあれ、どんな作品か気になってグーグル先生に訊ねてみると。
(初の動画貼りです)





(;´Д`)< ごめん……どこが似ているのか、本当に解らない……

 しかし、これは実に興味深い。
 わずか二分間のプロモから、なにか得体の知れないエネルギーと
 物凄い負の情念を感じます。
 ご紹介、ありがとうございました。


 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。

ソロモン・グランディ、月曜日に生まれた

 どうも、こんばんは。滝川です。

 今回は翻訳されたアメコミの紹介です。
 ……というか、うっかり発売日を忘れていました。

バットマン : ロング・ハロウィーン ♯1バットマン : ロング・ハロウィーン ♯1
(2009/03/30)
ャスダシゲル

商品詳細を見る



 バットマンの登場人物についてある程度の知識が必要ですが、
(特に説明なしでポイズン・アイビーやキャットウーマンが出てくる)
 面白いのは確かです。
 けど、お値段が高い……これでまだ上巻ですから……。

 なんにせよ、日本版アメコミはすぐ絶版になりますから、
 興味のある人は迷わずゴーです。


 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。

第二回です

 どうも、みなさま。こんにちは。滝川です。

 WEB小説の第二回が更新されました!
 右下の方にある「アニマ・ダイショーグン」という
 リンクから公式サイトへ行けます。

 今回はちょっとエロい……かもしれません。
 ページの構成も少し変更されて、見やすくなったようです。
 よろしくお願いします。

 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。

東のエデン

東のエデン (ちくま文庫)東のエデン (ちくま文庫)
(1993/07)
杉浦 日向子

商品詳細を見る


 私が「東のエデン」って言ったら杉浦日向子先生に決まってるでしょ!


 ……どうも、滝川です。
 つい最近まで、本当に勘違いしていました。
 またえらいものをアニメ化するんだなー立派な志だなーと。
 杉浦先生の本は、どれもこれも大変面白いのですよ。お勧めです。

 それにしても、春ですねー。
 近頃はすっかり暖かくなって、眠くてしょうがありません。
 外に出るとお花がたくさん咲いていて、
「ああ春だ、春だなあ……」と、しみじみします。

 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。

復帰

 つぶやき……詠唱……祈り……念じろ!

 灰になりました。


 ……どうも、おひさしぶりです。滝川です。
 大変長らく、このブログを放置してしまいました。
 申し訳ありません。本当にごめんなさい。

 更新を停止していた、ここ二週間ほどは、
 本を読んだり映画を観たりと、充電期間でありました。
「ウォッチメン」も観ました。
 観る前はかなり不安でしたが、見事にまとめてありました。
 しかし色々と思った事もありますので、
 そのうちこのブログでがっつり書いてみようと考えています。

 ともあれ、またコツコツと更新していこうと思います。
 改めて、みなさま、今後ともよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。