スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガールズシンフォニーが始まりました!

 どうも、滝川です。

 件名の通り、2月14日、
 ガールズシンフォニーがめでたくサービスを開始しました!

 自分がどのキャラ設定をしたとか、どんなイベントを書いたとか、
 細かい事をお話しする事はできませんが、
 とにかく全力を尽くしました。
 私の2016年は、この企画に没頭して終わったといっても過言ではありません。
 基本無料ですので、どうかお気軽にプレイしてみてください!
 よろしくお願いします!

 それでは、いつも感謝しております、
 拍手コメントに返信いたします。

・ゆじさん
テルミーを120円セールで初めて二冊読ませて頂きました
素晴らしい作品です
いつ続巻出るかわかりませんが お待ちしてます
あと、モーメントは今から読んでみます
たまにブログチェックしつつ応援させて頂きます


 お優しいお言葉、誠にありがとうございます。
 基本的にあまり動きのないブログで恐縮ですが、
 どうからこれからもよろしくお願いします。
 とにかく、小説の方もがんばります!
 応援ありがとうございました!


・江藤晩翠さん
いよいよガールズシンフォニー始まりましたね。
かわいい女の子、素晴らしい音楽、
冴えわたる文章に期待しつつプレイさせていただきます。


 いつもありがとうございます。
 ゲームの仕事は今回が初めてというわけでもないのですが、
 それまで頭の中にしかいなかったキャラが
 実際に動いて喋るのを見ると、やっぱり興奮します。
 これからどんどん面白くなっていくと思いますので、
 どうかよろしくお願いします。


 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。

スポンサーサイト

花騎士も個人的に遊び始めました

 どうもみなさま。お疲れ様です。
 おかげさまでPCブラウザゲーム、
『ガールズシンフォニー』の事前登録が始まりました。

 公式サイトはこちら
https://www.dmm.com/netgame/feature/symphony.html

 公式twitterはこちらです。
https://twitter.com/girls_symphony

 結構な人数のキャラクター設定と、個別クエストを少しだけ書きました。
 登録すれば事前ガチャを回せて、スタートダッシュが快適になるようです。
 なにとぞ、よろしくお願いいたします。


 それでは、いつも感謝しております。
 拍手コメントへの返信です。

・江藤晩翠さん
エドワード・エルガーという名前になんとなく聞き覚えがあったんですが、
威風堂々の作曲者なんですね。あの勢いのある曲と違ってミーナは
落ち着いた雰囲気の曲で同じ人が作ったとは思えない感じがしました。
作家の方も様々な分野のものを書くので同じかもしれませんね。
さて9月です。風邪は大丈夫でしょうか。
秋になり気温もぐっと冷えると思いきや逆に暑くなったりと不安定ですね。
さて、秋といえばいろいろありますが
オリンピックもこの間あったということでスポーツの秋です。
滝川先生はこのスポーツを見るのが好き・やるのが好きというものはありますか?
たまには体を動かして気分転換もいいですよ…と休みの日はひきこもりの私ですが。


 いつもありがとうございます。
 スポーツなら野球です。私にとっては最高のスポーツです。
 そういえば広島カープと北海道ファイターズのみなさま、
 優勝おめでとうございます。
 パワプロ2016のPVが出た頃に、
「今年のカープは新井さん」と予想していた自分を褒めたいと思います。
 運動不足は、この稼業では避けられぬものと覚悟しております。
 アイデアが出た時、メモも取れない状態では困るのです。
 まあ散歩くらいはちょくちょく行っていますが、
 こればかりはどうしようもないのです。仕方がありません。
 人生は選択の連続です。全ては選べないのです。

 今回もなんとなくクラシックの紹介。
 ヨハン・シュトラウス2世のポルカで「雷鳴と稲妻」
 運動会やテレビなどで、なにげなく聴いた事のある曲ではないかと思います。


 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。

お楽しみがいっぱいです

 どうも。お騒がせしております。滝川です。

 ダッシュエックス文庫の公式サイトで
 大きな動きがあったようです。

 ここをクリックするとDX文庫のサイトへ跳びます

 一周年記念という事で、色々なサービスが始まりました。
 詳しい内容はぜひ、公式サイトでご確認ください。

 それから、「MONUMENT」のサイトも更新されました。

 ここをクリックすると「MONUMENT」のサイトへ跳びます

 Twitterさまと読書メーターさまと連動した、
 読者プレゼント企画を設けていただきました。
 本当に有り難い事です。
 みなさまの感想はなによりの励みになりますので、
 どうか、よろしくお願いします。


 それでは、拍手コメント返信です。

・くもさん
Amazonから先ほど「発売日に送れないからゴメンネ」メールが届きました。
当日の朝にサイン本ゲットしに走ります!
テルミーのサイン本もゲットしているので、
今回サインがどう変わったのかも楽しみにしています!
もう発売まで1週間切ってしまったんですね
発売日まで体調をしっかり整えておかなくては!
先生もお体に気をつけてお過ごしください。


 いつもありがとうございます。
 そしてアマゾン……信じていたのに……
 多分、ギリギリのところでなんとかしてくれると思います。
 ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
 予約キャンセルだけは、なにとぞ勘弁してください!

「MONUMENT」は、テルミー2巻と同様に、
 一頁の行数を18行にしてあります。
(一般的な文庫本は一頁17行)
 そのうえで、全体量はあとがきを含めて386頁になりました。
 つまり、かなりのボリュームがあります。
 ご無理をなさらず、元気な時に楽しんでください。
 よろしくお願いします。

 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。

ティザーサイトが更新されました

 どうも、滝川です。

 タイトルの通り、
 ダッシュエックス文庫のティザーサイトが更新されました。

 ここをクリックしたらティザーサイトが開きます。

「MONUMENT」のプロローグと第一章が読めるようになっております。
 どうか、よろしくお願いします。


・なかやさん
ずっと前にしたコメントも忘れるくらい経った今、
ふと思い出して復帰してないかなと「滝川春秋」で検索したら更新があって心底驚きました。
それも、結構最近!とても嬉しいです。
今も続刊を書いてらっしゃると知って本当に嬉しいです!とにかく嬉しいです!


 ありがとうございます。
 今後は週に一、二回のペースで更新していこうと思っていますので
 よろしければちょくちょく見に来てやってください。
 テルミーの三巻、がんばります。なんとか。
 そのためにも、どうか「MONUMENT」もよろしくお願いします。

 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。

強烈な悪が出てからが本番だと思う。レクター博士や蒼天版董卓みたいな。

 どうも、みなさま。おはようございます。滝川です。

 実は以前、わかつきひかる先生のブログで
 拙著「テルミー」を取り上げていただいた事があるのです。

 それまでわかつき先生とは一面識もなく
 本当に何の繋がりもなかったのに
 わかつき先生は私のような同業者の本を褒めてくださりました。

 そして今月の25日、
 わかつき先生の新作
「ダンス・ウィズ・エリシア」が出版されました。


ダンス・ウィズ・エリシア 死すべき王子と幼き女王 (集英社スーパーダッシュ文庫 わ 1-2)ダンス・ウィズ・エリシア 死すべき王子と幼き女王 (集英社スーパーダッシュ文庫 わ 1-2)
(2011/05/25)
わかつき ひかる

商品詳細を見る



 人情としてはぜひとも発売前から宣伝し、
 かつてのご恩を返したかったのですが
 しかし読みもせずに賞賛するのは逆に無礼だと考え直し
 読み終わるたった今まで、少しも触れずにいました。

 あくまで、実際に読んで面白かった場合だけ語ろう。
 それが純粋にテルミーを褒めてくださった
 わかつき先生への当然の礼儀というものだ、と
 花形満のような心境で、涙を呑んで耐えていました。

 ……そんなわけで。
 こうして取り上げている時点で判明している事ですが

ヽ(´ー`)ノ「エリシア」面白かったよ!

 最近は死体の本とニュートンばかり読んでいたせいで
 ものすごく新鮮な気分だった事を差し引いても
「エリシア」は素敵なファンタジー小説だったと思います。
(上から目線っぽくて、本当にすみません)

 ネタバレになるので詳細は伏せますが
 ヒロインのエリシアと主人公のサミュエルの抱える秘密が
 奇妙な形で同じゴールを示す展開は鮮やかでした。

 それにしても、私ならもっとバトル要素が入るし
 韓非子的な非情さで政治をやらせたくなる題材なのですが
 わかつき先生のエリシアはあくまで流血を避け
 平和的に、穏便に、温情をかけて問題を解決させていきます。

 なんというかこう……続きを読みたい。
 この善良で可憐なエリシアが、
 心のへし折れるような困難に直面する場面を見たい。
 綺麗事ではどうにもならない難問を前にして
 それでもリスクを承知で誰も傷つかない解決を図るのか、
 それともついに自らの手を汚す残酷な勇気を奮うのか、
 そういう選択を迫られる展開をぜひ読んでみたいのですよ。

 とりあえず、1巻は綺麗で優しい物語です。
 心優しく可愛らしい女王、エリシアが
 同じく心優しき好青年のサミュエルに支えられて
 温かくもさわやかに事件を解決します。
 これだけでも確かに、十分に面白いのですが
 この作品にはさらに掘り下げられるものがあると思います。
 一読者として、この作品の続刊を強く望みます。

( ´_ゝ`) しかし、エリシアがダンスするシーンはなかったよな。

 ……女王は、ハードラックとダンスっちまったんだよ。


 それでは、いつも感謝しております、
 拍手コメントへの返信です。


・江藤晩翠さん
えええええサイン会にいらっしゃったんですか!!
アサウラ先生のブログで作家さんがいるかも?って
書いてあったのでもしやと思ったらホントにいるとは…
実は、自分もアサウラ先生のサイン会に行きました。
恐竜カードにサインをもらった変人ですww。
あの日もしかしたら滝川先生がいるかもと思い、
サインしてもらおうと岩村を持ってきていたので、
アサウラ先生に聞けばよかったですorz 
いつか、滝川先生のサインをもらいたいです。


 いつもありがとうございます。
 サイン会。ええまあ、いたのですよ。さりげなく。
 ついでにエルシャダイのサントラをプレゼントしました。
 アサウラ先生の誕生日がもうすぐなので。
 しかし、それはともかくとして……

(;´Д`)……私のサインなんて、ちっともいいものじゃないですよ。



・夜詩雪先生
(恐縮ですがコメント掲載は控えさせていただきます)


 どうも、ご無沙汰しております!
 内容が少し危ない気がしたので、コメントの掲載は控えます!
 ヘタレですみません! 危険があぶない!
 とにかく、夜詩雪先生の次回作には期待しております!
 自分も頑張ります!


 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。