FC2ブログ

シャブリエさんならあそこでやってた

 遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
 どうも、滝川です。

 ゾンビランドサガのブルーレイ特典に応募していたのですが、
 当然のように落選しました。
 私、持っとらん……

 今期は「けものフレンズ2」「ケムリクサ」「リヴィジョンズ」と、
 いわゆる「ポストアポカリプス」の「CGアニメ」が三本も並んだのが面白いです。
 以下、まだ序盤ですが感想。

「けもフレ2」
 第一話は、ほぼけもフレ1の焼き直しのような内容。
 しかし前作主人公の「かばんちゃん」を、
 シルエットとはいえ登場させたのは意外でした。
 どうも前作から話が続いているようなので、
 なぜサーバルちゃんが記憶を失っているのか、
 かばんちゃんはあの後どうなったのか、
 そうした謎をどう解決するのかが興味深いと思います。

「ケムリクサ」
 第一話は、暗い雰囲気に変わったけもフレ1のような内容。
 しかし、かばんちゃんにそっくりな設定のキャラを、
 同じ監督とはいえ登場させたのは意外でした。
 ただ「わかば」はかばんちゃんに比べて台詞回しがひどく不自然で、
(未知の生物に絡まれて「食べないでください」は自然だけど、
 あっさり「仕方ないですね」と受け入れるのはかなり変わっている)
 もしかしたらこのキャラは善人のフリをしているのではないかと思っています。
 勇敢というより、自分の命を軽視しているとしか思えない無謀な行動も、
 実は死なないと解っているからやっているみたいな。
 そういうどんでん返しの期待感を持った作品だと思います。

「リヴィジョンズ」
 冒頭の主人公の行動の痛さで、視聴者を篩に掛けてしまっている作品。
 正直、この三本の中では一番面白いと私は思っているのですが、
 主人公もその友人も、すぐ暴力を振るって人の話を聞かない傾向があり、
 その雰囲気の悪さが視聴を楽しむ上で最大の障害になっています。
 ストーリー自体は謎を膨らませながらもテンポ良く進んでいき、
 先の展開や物語の結末がとても気になるように出来ています。 
 ネットフリックスですでに全話公開されているので、
 週一より、いっそ一気に観た方がいい作品なのかもしれません。

 ……といった感じになります。
 ゴチャゴチャ書きましたが、要するに三作品とも、
「先が気になる」面白いものになっていると思いました。

 ただ私が今期一番お勧めしたいのは、
「私に天使が舞い降りた!」通称「わたてん」です。

「わたてん」
 上等なパンケーキに蜂蜜をぶちまけるような思想で作られたアニメ。
 すなわち大正解。私はロリコンじゃないけど「わたてん」は面白いと思うよ。
 私はロリコンじゃないけど第二話で追加されたEDも素晴らしかった。
 ひたすら可愛い。とにかく可愛い。ギャグも非常にキレがいい。
 まだ観ていない人は、騙されたと思ってとにかく一度観てほしい傑作です。
 可愛いしかない世界がそこにあります。

 今は休止中のガールズシンフォニーで、
「エマ・シャブリエ」というキャラの設定を作ったのですが、
 わたてんのみゃー姉を観ていると、どうしてもシャブリエさんを思い出してしまい、
 そういう切なさと愛しさとこの先どうなるんだろうという心細さもあって、
 私はわたてんから目が離せません。
 第二話の押し入れのシーンは実に良かった。
 百合姫の矜恃を見せていただきました。

 さて長くなりましたが、拍手コメントに返信いたします。

・江藤晩翠さん
あけましておめでとうございます。
ガルシンの今後も気になりますが、先生原作の漫画が出るかもと。
期待しつつ気長に待たせていただこうと思います。
先生のご活躍とゾンビランドサガの二期に期待しつつ。


 いつもありがとうございます。
 ゾンサガは二期をやらないわけがないと思っているのですが、
 あの脚本のクオリティを維持するのは大変だろうなとも思います。
 変に焦って雑なものになるよりは、
 じっくり腰を据えて、納得のいくものを仕上げてほしい……
 ゾンサガもガルシンも、そう思っています。


 それでは、とても長くなりましたが、今回はこの辺で。
 失礼いたします。

来年もよろしくお願いします。

 しばらく更新せずすみませんでした。滝川です。
 ずっと仕事をしています。貧乏暇なしです。
 ここ三ヶ月、息抜きはゾンビランドサガだけでした。
 二期があるなら鍋島家化け猫騒動辺りも出せるなと考えたり、
 Blu-rayを買って「ようこそ佐賀へ」を何度も聞いたりしていました。

 まだ詳細は語れないのですが、
 来年は漫画原作のお仕事を始められるかもしれません。
 小説も頑張って出したいのですが、
 今はそのお仕事の勉強と執筆に頭の大部分を占められています。
 シナリオと漫画原作と小説と、全部同時に進められる人間になるのが、
 来年の抱負になります。

 そういえば2018年の目標はどんなものだったっけとブログを見返したら、
 映画の感想と、ガールズシンフォニーのリニューアルの話を書いていました。
 開発に関わっていない私がここで謝るのもヘンかもしれませんが、
 一年以上お待たせしていて、ユーザーの皆様には本当に申し訳ありません。
 来年こそはきっと再開すると信じています。
 どうかよろしくお願いします。

 それでは、今年最後の拍手コメントへの返信です。

・ki_aniさん
「超人間・岩村」、「テルミー」や「MONUMENT」を
とてもおもしろく読ませていただいています。
特にMONUMENTが大好きで何回も読み返しています。
ボリスと周りの人間のやりとりや、
ボリスの考えていることがおもしろくて好きです。
最近はソーシャルゲームなどのシナリオも手がけられているようで、お忙しいようですね。
今後も、滝川さんの作品を読めることを楽しみにしています。
どうぞお体にお気をつけてお過ごしください。


 コメントありがとうございます。
 とにかくしぶとく生き抜いて、なんらかの作品を出し続けていきます。
 更新しないブログで本当にすみません。
 どうか来年もよろしくお願いいたします。

 それでは、ゾンビランドサガの二期に期待しつつ、
 今回はこの辺で失礼いたします。 

ガールズシンフォニー・アンコールの事前登録開始です

 諸君、もう一度突撃せよ。
 あの突破口へ、もう一度。
 さもなくば、あの穴を戦士達の骸で塞いでしまえ。
 一旦、闘いの嵐が我らの耳に吹き荒ぶなら、
 虎の如く、振る舞うがいい。
 身を固く引き締め、血を沸き立たせ、
 優しき心を怒りで満たし、息を飲め。
 猛々しい勇猛さを漲らせ、眼を見開き、
 前へ。ただ前へ。
 我が戦士達よ。諸君、もう一度突撃せよ。
 あの突破口へ、もう一度。


 本日、ガールズシンフォニー・アンコールの事前登録が開始しました。
 詳しくはこちらのホームページをご参考ください。
(http://lp.symphony-ec.jp/)
 どうかよろしくお願いいたします。


・しゃりすさん
はじめまして、最近機会に恵まれましてテルミーを今日読み終わりました。
ブログを見て3巻に期待をしています。
MONUMENTはこれから読もうと思うので無理せずに頑張ってください。


 ありがとうございます。返信が遅くなって申し訳ありません。
 とにかく売れない事にはやりたい事もできないので、
 これからも粘り強く、色々とやっていきます。
 上記のガールズシンフォニーも、どうかよろしくお願いします。
 コメントありがとうございました。
 よければまた気軽に書き込んでください。お願いします。

 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。

PC新調しました

 どうも、生きてます。滝川です。

 またしても長らく更新せず申し訳ありません。
 仕事の言い訳でもあるのですが、ここ二ヶ月ほどPCが不調で、
 作業能率が落ち、締め切りが遅れがちになり、アップアップになっていました。

 もうこれは思い切って奮発するしかないなと決断し、
 流行りのSSDを搭載したニューマシンをお迎えしました。
 何から何まで、めちゃくちゃ早い。
 今までの苦労はなんだったんだというくらい早い。
 ピクチャやドキュメントをSSDで保存しないように
 設定しなおしたり色々と手続きは面倒でしたが、
 もっと早くやっておけばよかったと後悔するくらい今は快適です。

 ついでにATOKも初めて購入してみたのですが、こちらもすごく優秀。
 変換候補の並べ方が賢く、辞書登録の必要をまったく感じないくらいです。
 他にも打ち間違いに対応した変換候補を出したり、
 様々な拡張機能が備わっていたりと、さすがに有料なだけはある高性能ぶり。
 こちらも早く導入するべきでした。
 ともかく、これで作業環境は整ったので、
 ここから巻き返していければと思っています。

 近況としては、再開に向けてガールズシンフォニーのお仕事をしています。
 締め切りを遅らせがちで、本当に申し訳ないです……
 私の担当は一部のテキストのみではありますが、
 少しでも面白いお話になるよう、全力を尽くしていますので、
 どうか秋頃の再開を楽しみにお待ちください。
 よろしくお願いいたします。

・江藤晩翠さん
8月ですね、暑い日が続きます。40度を超えたりと私が知っている夏ではないなと。
家の中でも熱中症と言われているので、水分補給・暑さ対策しっかりとしていきましょう。


 いつもありがとうございます。
 二ヶ月以上も更新せず、すみません。
 本当に今年の夏は暑いです。日本の気候はもう変わってしまったのでしょう。
 お気遣いいただきありがとうございました。
 なんともだらしないブログで恐縮ですが、どうか今後もよろしくお願いします。

 それでは、今回はこの辺で。
 失礼いたします。

そして五月ももう終わり

 どうも、滝川です。

 書きたい事がないわけではないけれども、
 今の立場でそれを言っても、という自己批判が先に。
 売れない物書きの負のスパイラルですな。

 音楽の勉強をずっと続けています。
 ずっと前から何か楽器を弾けるようになりたいと思っているのですが、
 だから原稿を書けよと脳内で叱られて終わりです。

「ゴッド・オブ・ウォー」(以下GOW)はとりあえずクリアしました。難易度ノーマルで。
 アクションゲームとして、素晴らしい傑作だと思います。
 闇のエルフの王とレヴェナントの過剰なストレスに目をつぶれば。
 ともかく私は、調子に乗って難易度GOWを始めるくらいにハマりました。
 ヴァルキュリアの範囲攻撃がアトレウスの矢で落ちなくなって、
 ルーンアタックのゴリ押し運ゲー以外に策が思いつかない。つらい。

 ストーリーは極めてシンプル。主人公クレイトスの妻フェイが亡くなったので、
 息子のアトレウスと「世界で一番高い山に遺灰を撒きに行く」という、
 ただそれだけの目的を実現して終わりです。
 もちろん他にも様々な思惑や背景が描かれているのですが、
 それらの謎はぽんと続編に投げられています。

 それから、作中で何度も行われる「首」ことミーミルの極端なオーディン批判は、
 明らかに「オーディンを倒せば世界は救われる」と吹き込むためのものに思えます。
 おまけにミーミルはなぜか、世界を焼き尽くす炎を放つ破滅神スルトさえ、
 運命を受け入れ自分以上の存在に尽くす神(うろ覚え)と絶賛します。
 まるでオーディンやアース神族に対抗する力ならなんでもいいみたいです。
 他にも世界の終末であるラグナロクを、回避すべきと言ったり受け入れたり、
 完全に無抵抗の光のエルフが、闇のエルフと200回以上も戦争していると解説したり、
 どうもミーミルの発言は矛盾が目立ちます。

 それにアトレウスが発動しそうになる特殊能力も、
 父親譲りのスパルタンレイジに見せかけて、
 ヨトゥンモーズ(巨人の怒り)っぽいし……
 要するに、相変わらずクレイトスさんは騙されている気がします。

 そんな感じで、今回はここまで。
 原稿をがんばります。
 失礼いたします。